お知らせ

医用画像情報学会 平成29年度秋季大会のご案内 期日:H29.10.7

医用画像情報学会 平成29年度秋季(第179回)大会のご案内

医用画像情報学会(MII)

 平成29年度 医用画像情報学会秋季(第179回)大会が秋田県立脳血管研究センター 高橋 規之先生を大会長として,下記のように秋田県総合保健センターで開催されます.皆様の投稿をお待ちしております.詳細なプログラム等は医用画像情報学会(MII)ホームページに後日掲載致されますので,しばらくお待ちください.

【開催日】平成29年10月7日 (土)

【開催地】秋田県総合保健センター 秋田県立脳血管研究センター2階講堂

      ※会場が変更になりました

〒010-0874 秋田市千秋久保田町6番10号 ( http://www.akita-noken.jp/pc/access/id669.php)

【参加費】会員2000円,非会員4000円,学生無料

(JSRT東北支部会員, 秋田県診療放射線技師会会員 2000円

【演題申込先】 → 演題申し込み(演題名,所属,研究者一覧) :

http://mii-sci.sakura.ne.jp/form/presen/postmail.html

【演題締切日】平成29年8月31日(木)必着

締切後2週間を目安に応募の皆さまへプログラムをご連絡します.もし連絡がない場合には,事務局(office@mii-sci.jp)へお問い合わせください.

詳細はこちらから

【特別講演】名古屋大学名誉教授 小寺吉衞 先生

「アナログからディジタルへ―画像評価と最新画像装置の開発―」

【教育講演】秋田県立脳血管研究センター副センター長 木下俊文 先生

「脳虚血の機能的画像診断」

【大 会 長】秋田県立脳血管研究センター 放射線科診療部  高橋規之 先生

【実行委員長】新潟大学大学院保健学研究科 放射線技術科学分野 李鎔範 先生

【後 援】日本放射線技術学会東北支部, 秋田県診療放射線技師会

第6回診断参考レベル活用セミナーのお知らせ 申込期間延長 期日:H29.9.3

第6回診断参考レベル活用セミナー

教育委員会,計測部会,放射線防護部会,東北支部

 2015年6月に医療被ばく情報ネットワーク(Japan Network for Research and Information on Medical Exposures:J-RIME)より,本邦初の診断参考レベル(Diagnostic Reference Level; DRL)が公表されました.この診断参考レベルは,医療被ばくの最適化のツールとして有用なものです.
 このセミナーは,診断参考レベルの正しい理解と,本邦初の診断参考レベル“DRLs2015”の紹介,診断参考レベルをどのように利用するか,自施設の代表値をどのように出すか,その際の注意点シミュレーションソフトの紹介などの座学と,診断参考レベルと比較する自施設の代表値として測定値を推奨されているものの測定方法や注意点等の実習を行います.
 少数での座学・実習で,診断参考レベルを有効に活用する方法を理解いただくためのセミナーになります.

日時:平成29年9月3日(日) 9:30~17:00 (受付9:00~)
会場:新潟大学医歯学総合病院 病棟12階 大会議室 (実習:中央診療棟1階 放射線部)
   〒951-8520 新潟県新潟市中央区旭町通一番町754番地
   http://www.nuh.niigata-u.ac.jp/
定員:30名
参加費:会員 6,000円 (計測部会員・放射線防護部会員 4,000円) 非会員 12,000円
申込期間:平成29年7月31日(月)~8月21日(月)8月27日(日)延長しました!
申込方法:Web上の専用申し込みフォーム(http://my.formman.com/t/3tZd/)よりお申し込みください.

詳細はこちらから

プログラム
  9:30~  9:40 開会挨拶
  9:40~10:20 講演①「おさえておこう!診断参考レベル」 福島県立医科大学 大葉 隆
10:20~11:10 講演②「Japan DRLs2015の解説・活用方法と今後の展望」 金沢大学 松原 孝祐
11:20~11:50 講演③「血管撮影装置の線量測定法」 NTT東日本関東病院 塚本 篤子
11:50~12:20 実習の概要
12:20~13:00 昼休み
13:00~16:40 実習(一般撮影装置・乳房撮影装置・CT撮影装置)担当:計測部会
         講師 首都大学東京 加藤 洋
            筑波大学 関本 道治
            東京慈恵会医科大学附属柏病院 庄司 友和
16:40~17:00 質疑応答 閉会挨拶

その他:本セミナーは日本救急撮影技師認定機構 認定ポイント対象セミナーです.本セミナーの受講により,2ポイントの認定ポイントが付与されます.
また,本セミナーは日本血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師認定機構 認定単位対象セミナーです.本セミナーの受講により,3単位が付与されます.

第12回東北支部セミナー(蔵王セミナー)のお知らせ 期日:H29.11.11

第12回東北支部セミナー(蔵王セミナー)
―ディジタル画像の入り口から出口まで―
『ディジタル画像の総まとめ』

 公益社団法人 日本放射線技術学会 東北支部では、ディジタル画像の初学者を対象にしたセミナー「ディジタル画像の入り口から出口まで」を年1回開催いたしております。今回のテーマは、これまでの総まとめとしてSNR、DQEを取り上げてみました。セミナーは、講演とPCを使用した演習となっており初めて参加される方でも理解を深められるような内容となります。
秋の蔵王という素晴らしいロケーションの中、ディジタル画像の世界に十分に浸ってみてはいかがでしょうか。

日時:平成29年11月11日(土)13:00(受付12:00)~ 11月12日(日)12:00
会場:ヒルズサンピア山形 http://www.hills-sunpia.jp/
募集人数:20名 (申し込み多数の場合は,先着順とさせていただきます.)
参加費:会員 3,000円  非会員 6,000円
    (日本放射線技術学会会員以外は非会員となります。)
    宿泊費:11,000円(1泊2食)【参加者される方全員】
    尚、宿泊は相部屋(男女別 4人部屋)となります.
    受講料および宿泊費は、当日受付時に徴収いたします.
参加資格:不問
募集期間:8月5日(金)~10月20日(金)
申込方法セミナー申し込み専用フォームよりお申し込みください.

詳細はこちらから

プログラム
<1日目>
◎ベーシックセミナー
  誰にもわかるDQEの基本」       コニカミノルタジャパン株式会社 加野 亜希子
 「CTにおけるSNR」          東北大学 佐藤 和宏
 「MRIにおけるSNR」          栗原市立栗原中央病院 吉田 礼
 「DRのDQE 実践編」           東北大学病院 小野寺 崇
◎サプリメント
 「画像解析のためのツールFO-BS」     つがる総合病院 船水 憲一
◎ナイトセミナー
 「今日のおさらい」            東北大学 佐藤 和宏
 「ImageJ入門②」            つがる総合病院 船水 憲一

<2日目>
◎演習
 「DQEの測定(ImageJ、FO-BS)」    東北大学病院 小野寺 崇 つがる総合病院 船水 憲一

第2回放射治療あすなろ会 のご案内 期日:H29.8.19

第2回放射線治療あすなろ会

日時:平成29819日(土)12001840

場所:仙台市立病院講堂

 【プログラム】

12:0012:50

『岩手医大における放射線治療の臨床(仮)』岩手医科大学放射線腫瘍学科 有賀 久哲 先生

 13:0014:00

『粒子線治療の基礎(仮)』脳神経疾患研究所附属南東北がん陽子線治療センター   加藤 貴弘 先生

 14:1015:10

『放射線治療に必要なCT撮影技術(仮)』宮城県立がんセンター 後藤 光範 先生

15:3017:00

『法改正および定期検査等における注意点(仮)』株式会社放射線管理研究所 杉山 和幸 先生

 17:1018:10

『放射線治療におけるPythonの活用』RTQMシスステム株式会社 小澤 修一 先生

18:1018:40

MU検証ソフトウエア(仮)』RTQMシスステム株式会社    小澤 修一 先生